Tシャツトリニティ大学
1 記事

【photoshop講座】透過処理画像の作成方法

今回のTシャツトリニティ大学ブログでは、ホワイトモードでデザインするときに重宝する透過処理画像の作成方法について、勉強していきましょう^^

透過例

透過処理は背景に白や一定の色イメージデータが全く無い状態にしなければなりません。フォトショップや一部画像処理ソフト上で、白とグレーの格子状の模様が背景にある状態が透明な部分です。

透過処理には様々な方法があるので、いろいろ試してみてくださいね。

1.新規ファイル作成時に背景を透明にする

新規ファイル作成時に出てくるダイアログボックスで、予め背景を透明に設定できます。

1.[ファイル]から[新規]を選択します。
2.新規のダイアログボックスが表示されるので、[カンバスカラー]で[透明]を選択します。

新規ダイアログ

3.[OK]を選択すると、背景が透明な画像が新規で作成されます。

新規ドキュメント

2.[消しゴムツール] を使用して背景を透明にする

背景レイヤーは、ロックされており透明ピクセルを含むことができないので、ロックを解除して通常レイヤーに変換しておきしましょう。

1.[レイヤー]パレットが表示されていなければ、画面上部の[ウィンドウ] メニューから [レイヤー] を選択し、[レイヤー] パレットを表示します。
2.[背景] レイヤーをダブルクリックします。(右クリックで「背景からレイヤーへ」を選択でも可。)

背景をレイヤーへ1

もしくは

背景をレイヤーへ2
3.ダブルクリックで開いた場合は、[新規レイヤー] のダイアログボックスでレイヤー名を入力し、[OK] をクリックします。

背景レイヤーのロックが解除されて通常レイヤーに変換されたため、背景を透明にすることが可能となります。

レイヤーを全統合致すると、背景色が固定化してしまいますのでご注意下さい。

4.続いて、左メニューの [消しゴムツール] を選択します。

消しゴムツールの選択
5.画像をドラッグすると、ドラッグした部分が透明になります。

消しゴム使用後

3.[マジック消しゴムツール] を使用して背景を透明にする

ツールボックスの [マジック消しゴムツール] を使用して背景を透明にすることができます。マジック消しゴムツールは、隣接する同じ色合いの範囲(近似色)を一度にまとめて削除することができます。記号や文字列などのはっきりした画像を透過したい場合に便利です。

1.左メニューの[消しゴムツール]から [マジック消しゴムツール] を選択します。

マジック消しゴムツール
2.背景にしたい部分の中の適当なところをクリックすると、クリックした色の近似色が連続して消去され、背景が透明になります。

マジック消しゴムツール例1[隣接]にチェックあり

3.画像内で、連続しない色の範囲の近似色を消去するには、オプションバーで [隣接] のチェックをはずしてからクリックします。オブジェクトの中の背景も透過したいのであれば、こちらが便利ですね。

隣接

マジック消しゴムツール例2[隣接]にチェックなし

補足

デザイン入稿可能ファイル形式(jpeg、png、gif)のメリット、デメリットをまとめてみましたので、ご参考にしてください。

★画像保存形式別の特徴★

■ png(透過処理画像を作るならこちらがおすすめ)
メリット
・画質が劣化することなく、効率良く圧縮できる。
・GIFと同じように画像を透過できる。
デメリット
・インターレース機能を利用したり、adobeの古いバージョンで保存するとファイルサイズが大きくなる。
・アニメーション不可。

■ jpeg
メリット
・約1,670万色までの色が使用でき、鮮明な画像が表現できる。
・写真のような複雑な画像におすすめ。
・劣化があまり気にならず、画像のファイルサイズが抑えることができる。
デメリット
・透過処理ができない。(自動的に背景色が固定されるため)
・アニメーション不可。

■ gif
メリット
・シンプルな画像の場合、ファイルサイズを小さくできる。
・pngと同じように画像を透過できる。
・アニメーション可能。
デメリット
・256色しか使えないので、色数の多い写真などには不向き。
・色数が多い写真やグラデーションなどはキレイに表現することができない。

ご注意

ホワイトモードデータを作る上で注意して頂きたいのが、半透明のデータです。
透明部分に半透明な色や、ゴミ、ボケ感のある消しゴムを使用するなどして目視では殆ど見えないのに、色データが残っている時があります。
その場合、印刷時インクが乗る為、色が100%として現れてしまいます。
こう言った画像汚れは、消しゴムで全て消す必要性があるので十分注意してください!

まとめ

他にも【透過処理】と検索頂ければ様々な方法や、ウェブ上で透過処理を行ってくれるサイトなどもあるので是非お試し下さい。
今回ご紹介した【透過処理】は絵の中に更に透明な部分を自由に作れるようになり、デザインの幅も広がると思いますので是非チャレンジしてみてくださいね!

1,500 views