【第三回】入稿用データ作成マニュアル

こんばんは、Tシャツトリニティのあーちゃんです
今回は第三回「入稿用データの作成」「プリントカラー」について
説明させていただこうと思います。
プリントカラーについては、よくあるトラブルなので、思っていたデザインの色と違う・・・なんてことのないよう、しっかり学んでおきましょう

 

3.プリントカラーについて

商品のプリントはフルカラーインクジェット方式で加工しています。
そのため、ホワイトや淡色ボディーへのプリントと、ブラックや濃色ボディーへのプリントでは、同じデザインをプリントした場合でも、多少発色が異なります。ホワイトインクを使用するプリントはやや樹脂感が増し、多少光沢がでます。

※プリントモードについて
プリントモードは「ブレンド」「ホワイト」の2つのモードが選択できます。

◯ブレンドモード

ホワイトや淡色ボディーに対して、色が染み込む様なプリントで、ホワイトインクを使わないので、白が表現されません。 淡色の場合は、生地色とプリント色が混ざって染み込んだ発色になります。

写真提供:鍵​条​漆様「こ​つ​め​っ​て​ぃ​お​や​つ」よりお借りしました。

こ​つ​め​っ​て​ぃ​お​や​つ

プリントモード:ブレンド
生地カラー:ホワイト

こ​つ​め​っ​て​ぃ​お​や​つ

プリントモード:ブレンド
生地カラー:アッシュ

◯ホワイトモード

ブラックや濃色ボディーなど、色が染み込むとプリントが見えなくなる場合に、ホワイトインクを使ってプリントするモードです。

プリントモード:ホワイト
生地カラー:ライム

【第一回】入稿用データ作成マニュアル

【第二回】入稿用データ作成マニュアル

【第三回】入稿用データ作成マニュアル