Tシャツトリニティ Web Magazine
3 記事

長袖・半袖だけじゃない?!Tシャツの種類を一挙にご紹介!

「Tシャツにはどれくらい種類があるのだろう?おしゃれなTシャツの種類ってあるのかな?」今回の記事ではそういった疑問を解決していきます。結論から言うと、Tシャツは10種類以上に分類すること可能です。

 

本記事では、おしゃれなTシャツを探したいと考えているあなたのために、Tシャツにはどういった種類があるのかを細かく紹介していきます。シンプルなTシャツだからこそ、おしゃれに着こなしたらカッコイイですよね。早速どんなTシャツの種類があるのかを詳しく見ていきましょう!

 

Tシャツを袖の種類7つに分けられる

まずはTシャツを袖の長さや、種類で7種類に分類しました。

 

今回紹介する7種類は以下の通りです。

 

  • 半袖Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • 5分袖Tシャツ
  • 7分袖Tシャツ
  • フレンチスリーブTシャツ
  • パフスリーブ
  • フレアスリーブ

 

それぞれどのようなTシャツなのか、詳しく見ていきましょう。

 

袖の種類1:半袖Tシャツ

本記事を読んでいるあなたも半袖Tシャツは想像しやすいのではないでしょうか?袖の長さが肘より短いTシャツを指しており、肩の部分に縦の縫い目があります。暑い夏に必須のアイテムです。

 

袖の種類2:長袖Tシャツ

長袖Tシャツは、腕を垂らしたときに手首が隠れるぐらいまでの長さがあるTシャツのことです。半袖Tシャツとボディ部分の作りは同じで、肩の部分は縦の縫い目が入っています。

 

ちょっと肌寒くなった秋頃に着ることや、夏に日焼け対策として着るのがおすすめです。ただ長袖Tシャツはあまりにピチピチすぎると、下着感が出てしまいます。

 

そのため程度ゆったりとしたシャツを選ぶのがおすすめです。

 

袖の種類3:5分袖Tシャツ

5分袖Tシャツは、腕を垂らした際に肘が隠れる程度の袖のTシャツを指します。袖口が開いたシャツや、袖の太さが肩から一定のシャツなど種類は様々です。

 

袖口が開いた5分袖のシャツは、ビッグシルエットTシャツに使われることも多く、流行に合わせたスタイルと言えます。袖の太さが肩から一定の5分袖Tシャツは、腕を細く見せてくれます。そのため、ボディ部分も細身のシャツを選ぶことで、体も腕も細い体型に見せることも可能です。

 

袖の種類4:7分袖Tシャツ

7分袖のTシャツは、袖の長さが肘と手首の中間までのシャツのことです。季節感を気にして、半袖を着にくい5月頃から秋服の季節まで着ていられるシャツなので、活躍の機会もたくさんあります。

 

5分袖のTシャツと同じく、ビッグシルエットTシャツに合わせた袖がゆったりしたタイプや、細いタイプがあります。

 

袖の種類5:フレンチスリーブTシャツ

袖とボディ部分の境目に縫い目が無いタイプのTシャツです。袖は半袖より短く、肩が隠れる程度の長さとなっています。女性向けのTシャツで、大人っぽい落ち着いた雰囲気を出したいときにピッタリな種類です。

 

また肩の縫い目が無いので、いかり肩に悩んでいる女性にもおすすめできます。

 

袖の種類6:パフスリーブTシャツ

パフスリーブTシャツは、袖の部分が膨らんでおり、袖口はギュッと締まったタイプのシャツです。フレンチスリーブと同じく、パフスリーブTシャツの多くは女性向けのTシャツとなっています。

 

肩がフワっとしているので、柔らかくて可愛らしい雰囲気になります。そのため女の子らしさをアピールしたいときにおすすめの1枚です。

 

袖の種類7:フレアスリーブTシャツ

袖の種類で最後に紹介するのが、フレアスリーブTシャツです。フレアスリーブは袖口が広がった作りで、女性向けのシャツとなっています。

 

涼しさを感じられる見た目をしているため、夏のお出かけにぴったりな1枚です。可愛さがありつつも、上品な着こなしになるので、女性にとっては便利な1枚になるでしょう。

 

Tシャツを首元6種類

先ほどはTシャツの袖で7つに分類しましたが、首元の種類で分けると6つに分けることができます。袖の形や長さと、首の種類を組み合わせることでよりおしゃれな着こなしに繋がるので、ぜひ参考にしてください。

 

今回紹介するTシャツの首元の種類は以下の通りです。

  • クールネック
  • Uネック
  • Vネック
  • ボートネック
  • タートルネック
  • ヘンリーネック

 

どのような襟元なのかそれぞれ見ていきましょう。

 

首元の種類1:クールネックTシャツ

一般的な襟の種類で、鎖骨が隠れるぐらいの襟の深さです。標準的な襟の形なので、どんな袖の種類のシャツを着ても簡単に合わせることができます。

 

そのためシンプルにTシャツ1枚のコーディネートをする場面から、重ね着のときに着るTシャツとしても活躍できます。クールネックTシャツは、着回しもやりやすいシャツなので1着は持っておきたい種類のTシャツです。

首元の種類2:UネックTシャツ

首元が「U」の形をしているシャツのことです。上で紹介したUネックTシャツよりも襟元が深く、鎖骨が見えるぐらいのシャツを指します。

 

ただしお店や人によってクールネックTシャツとUネックTシャツの境界線が曖昧であることは理解しておきましょう。お店でUネックTシャツを探して店員さんに聞いても、クルーネックシャツを紹介されることがあるからです。

 

首元が深く作られているので、ネックレスやチョーカーと合わせるのがおすすめです。

 

首元の種類3:VネックTシャツ

襟の部分が「V」に見えるTシャツのことです。クールネックやUネックの場合は丸みを帯びていますが、Vネックは右側の襟と左側の襟がそれぞれまっすぐで、一番深い部分は尖っています。

 

襟元の深さは鎖骨が隠れる程度のものから、胸元が見えるものまで様々です。VネックTシャツは直線的な襟なので、クールな印象に仕上げたい時におすすめです。

 

またクールな印象になるので、全体的に無地のアイテムを集めたコーディネートにするとより統一感のある服装に仕上がります。

 

首元の種類4:ボートネックTシャツ

ボートネックは首元が横に広がっており、あまり深くないシャツです。正面から見たらボート(船)のように見えることが名前の由来とされています。

 

Uネックと同じく鎖骨は見えますが、あまり胸元が開きません。そのため女性が着た場合は、上品さを保ちつつ鎖骨を見せた色っぽさを出すこともできます。

 

男性の場合は、周りと被りにくいので、おしゃれを演出できます。オフィスカジュアルでも着やすい種類です。

 

首元の種類5:タートルネックTシャツ

クールネックに比べて、襟の部分が長いTシャツのことを指します。勘違いが多いのが、首が隠れるTシャツだけがタートルネックという考えです。

 

首が隠れるTシャツはもちろんタートルネックに含まれますが、クールネックよりも首元が隠れるTシャツもタートルネックの一種です。首元を保温してくれるので、寒い時期向けのTシャツとなっています。そのため半袖は少なく、長袖のTシャツがほとんどです。

 

ちょっと肌寒いけど、冬服を出すには早いと感じる季節におすすめのTシャツです。

 

首元の種類6:ヘンリーネックTシャツ

襟元をボタンでとめるタイプのTシャツです。ポロシャツの襟が無いバージョンと考えればイメージしやすいと思います。シンプルになりやすい男性の襟元をおしゃれにしてくれるのが、ヘンリーネックTシャツです。

 

ただし見る人によってはダサいと思われる場合もあります。そのためファッション上級者の男性向けのシャツと言えます。

 

Tシャツを袖と首元以外で分類

最後に、袖の種類や首元の種類で分けることのできないTシャツを紹介していきます。

 

紹介するシャツは以下の2種類です。

 

  • ラグランTシャツ
  • Tシャツワンピース

 

どのようなTシャツなのか見ていきましょう。

 

袖と首元以外の種類1:ラグランTシャツ

首から脇にかけて縫い目のあるシャツのことです。

 

通常のTシャツはボディ部分と袖の部分が、縦に分かれています。一方でラグランTシャツは、首から脇にかけて縫い目があるため、斜めの縫い目になっています。肩に縫い目がないおかげで、いかり肩の方は肩の角度が緩やかに見えるというメリットがあります。

 

縫い目を堺にして、色が分かれているラグランTシャツもありますが、子供っぽく見えるため着こなすのが難しいです。そのためファッションセンスに自信がない方は、縫い目で色が変わらないラグランTシャツを選ぶことをおすすめします。

袖と首元以外の種類2:Tシャツワンピース

上半身は普通のTシャツで、丈がワンピースぐらいの長さのTシャツのことです。そのため女性向けのTシャツと言えます。おしゃれとして着るのもおすすめですが、夏の部屋着として持っておくのもありです。

 

短パンだと郵便などが来た際に恥ずかしいと思うかもしれませんが、Tシャツワンピースであれば恥ずかしい思いをせずに玄関まで出ることができます。そしてワンピースなので涼しさも兼ね備えています。

 

おしゃれとして着用する場合は、袖の形や首元などをしっかり確認して着こなせるものを選びましょう。

Tシャツの種類についてまとめ

Tシャツの種類を16種類紹介してきました。

 

今回紹介したTシャツの種類は以下の通りです。

 

袖の種類

  • 半袖Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • 5分袖Tシャツ
  • 7分袖Tシャツ
  • フレンチスリーブTシャツ
  • パフスリーブ
  • フレアスリーブ

 

首元の種類

  • クールネック
  • Uネック
  • Vネック
  • ボートネック
  • タートルネック
  • ヘンリーネック

 

袖と首元以外の分け方

  • ラグランTシャツ
  • Tシャツワンピース

Tシャツをおしゃれに着こなすには、首元の形と袖の種類を上手く組み合わせることがとても重要です。本記事で紹介したTシャツの種類を踏まえて、おしゃれな1着を手に入れてもらえれば幸いに思います。

デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】の通販サイトはこちら!

123 views